FC2ブログ


   患者目線の前立腺がん名医と手術
   前立腺がんの名医や手術、最新治療法について

 前立腺がん検診の注意点


前立腺がん検診は、ただ受ければそれでよいというものではありません。
病院の言いなりになるのではなく、主体的に押さえておくポイントをしっかり把握しておくことが、予防や早期発見につながります。
もちろんあいては医療のプロですから、信頼して任せることは大切ですが、丸投げは好ましくありません。
まず、前立腺がんの検診を受ける際の事前の注意事項があります。

当日になってのそのそと病院に行って、ただ言われた通り検査を受けて帰ってきたというのでは不十分です。
帰り道にどのような居酒屋で一杯引っ掛けようかを気にする人もいますが、そんなことよりも心を配るべき事柄があります。
健康を確認し、推進するためにわざわざ前立腺がん健診に出向くのですから、その効用を最大限に発揮するためにも準備が必要なのです。
ゴルフでもボウリングでも、練習がなければ良いプレーができないのと一緒です。

普段は健康のことなど二の次にして暮らしているにしても、それを無視しているわけにもいかないという自覚が多かれ少なかれあるからこそ、前立腺がん健診に赴いているはずです。
それなら、一手間加えることにより、その効果を高めるところまで手を伸ばしましょう。
仕事だって時間ぎりぎりに通勤するよりも、思わず時間ができて散歩がてら道を変えてみたら普段は気にとめたことも無かったコスモスが咲いていて、心安らぐというようなこともあります。
ちょっとした遊び心を持てるかどうかによって人生の豊かさは異なってきますし、前立腺がん健診だって義務的に行くだけではなく、名医や権威ある医師がいそうかどうか関心を持ちながら病院に行くだけでも退屈を紛らわせることができるはずです。
名医や権威ならどのような立ち振る舞いをし、他のスタッフからどのように慕われているかを想像しながら歩いていれば、病院は格好の観察の舞台です。

目的もなくただ前立腺がん検診に行けば、時間を取られたという被害妄想ばかりが膨らみます。
本当は自分の体のためであるということを認識し、さらにそこから一工夫することにより、暇な時間が有意義で濃度の濃い時間に変化するのです。
趣味だって没頭すればあっという間に時間が流れていきますが、興味のない他人から見たら理解不能なものでしょう。
それは前立腺がんの健診にだって当てはまることで、ただの年中行事のように通っているだけでは意味が見いだせなくても、本来の目的を忘れることなく、さらにもう一歩意味を深めようとする姿勢さえあれば、とても意義深い時間を過ごせるはずです。

医学の粋を集めた医療機関は、ナイアガラの滝のような観光地にも負けないだけの興味深い観察対象のはずです。
漠然と行くだけだから、無機質なイメージを病院に持つだけで前立腺がん健診を終えてしまうのです。
せっかく病院に行くのなら、次のような点はチェックしておきましょう。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

 前立腺がんで余命1ヶ月


前立腺がん名医を求め始めたのは、告知を受けてからだいぶ経ってからでした。
この地球という惑星で淡々と過ごしてきた自分の人生に、大きな波風が立ったと思ったら、こんな病気になってしまうとは皮肉なものです。
権威ある病院で治療を受けたところで、完治できる見込みは薄いというのが診断結果でした。
今よりも生存率を上げて前立腺がんと付き合っていく方法はあるのでしょうか?

余命を1ヶ月と診断されたら、あなたはどう対応しますか?
自分の人生の期限が決まると、残りの時間をいかに濃密にするのかという課題に当たります。
もしかすると前立腺がんが死を招くのではないかという思いが、名医や権威ある医師を探す動機になりました。
恋のキューピッドのような存在を自負していた若い頃ではなく、いまでは年老いた身になってしまっています。

目薬をさして目を覚ましても、いずれはそれすらできなくなるということを考えると、目からこぼれ落ちているのが涙か目薬かわからなくなってしまいます。
病院で弱りながら前立腺がんの名医との出会いを求めながら、ただ生きていくだけではないのかという予測を胸に抱いたとき、F1レーサーのように一瞬で人生を駆け抜けてしまったのではないかという思いに至りました。
昭和記念公園に咲いた満開の桜の鮮やかな桃色も、日本庭園の新緑も二度と見ることができないのでしょうか?
それが無性に悲しいような、それでいて前立腺がんから解放される喜びもあるような、不思議な気分です。

あの時手術をしていれば、そんな迷いもないとは言えません。
どのようなルートをたどって目的地に到着するのか、レンタカーを借りて整備された道を疾走するように、前立腺がんを患った後の暮らしを振り返ってみました。
すべてが無意味なようであり、何もかもが有意義であったようでもあります。
闘病生活は永くもあり、あっという間でもありました。

かつてのように投資や為替に興味を持てるわけでもなく、前立腺がん名医や手術についての調査ばかりを行い、昭和記念公園に入りびたって生活をしようかと思い起こしては打ち消すような毎日です。
終わったところで、世界経済が停滞するわけでもありませんし、大きなニュースになるわけでもないでしょう。
慎ましやかに葬儀が行われ、亡き者にされてしまう身のはかなさを想像すると、これまでの必死さがバカバカしく思えてきます。
テレビには今はなき俳優の顔が、前立腺がんに苦しむ脳裏に浮かびました。

きらびやかな浴衣姿を疲労し、かんざしの似合う彼女は、いったいどうなったのでしょう。
運命は気まぐれであり、楽園に到達するはずが千秋楽の舞台に誘導されているように、様々な幻想の中に歩みつづけるのが人間なのでしょう。
もしかしたら前立腺がんというのは、成長のための試練なのかもしれません。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

 前立腺がんは治療できる


前立腺がんは不治の病などではなく、治療可能な病気です。
かつては転移して手におえなくなるというイメージもありましたが、日々発展する医療は常識を変えていきました。
現在では、前立腺がんは治療できる病気という認識も広がっています。
もちろん、無条件というわけではなく、早期発見が望まれる状況は変わりません。

そのためには、定期的な健康診断が推奨されますが、一般的な検査では必ずしも見落とさないというものでもありません。
完全な検査方法があるわけではないので仕方ありませんが、不治の病でない以上、前立腺がんの治療を一刻も早く始めるべきでしょう。
せっかく早期発見に成功しても、その後がモタモタしていたのでは台無しです。
スタートを早く切るチャンスを得たのに、それをみすみすどぶに捨ててしまったのでは、その後の闘病生活が思いやられます。

もしかしたら、簡単に前立腺がん治療できたのに、不治の病という認識に縛られていたために対応が遅れてしまい、機会を逸してしまうという罠に陥ってしまうこともありえます。
延命を望むのは人間としての本能ですから、それを拒む必要はありません。
多くの闘病記に描かれているような生命力を見せ付けて前立腺がんの治療生活に臨んだらいいのです。
もちろん、気分が鬱に入ってしまう日もあるでしょう。

それだけの深刻な悩みを抱えているのは間違いないのですから、精神状態に波があることは仕方ありません。
前立腺がんを治療することよりも、ただ家でやる気が起こらずに膝を抱えて過ごしてしまう日があっても、誰にも非難される筋合いはないでしょう。
回廊を巡るような気持ちになり、前進しているのかどうかもわからない暮らしの中で、闘病記のような劇的な物語をつむぎ出すことなどできるはずもないとは決めつかないでください。
確かな期待もないでしょうが、不治の病でないということは、前立腺がんの治療は不可能なことでもありません。

ロンドンのような遥かなる異国の地においても、同じ病気で苦しんでいる患者がいることは不思議なようでもあります。
きっと海外でも闘病記を書いている人はいるのでしょう。
国によっては医療が発達していなく、前立腺がんは治療できない病気という現状を抱えていることもあるのでしょうが、日本は違います。
幸いなことに、世界の中でも医療が徹底して普及している国なのですから、十分に完治を目指すことはできます。

地域格差はあるにしても、同じ国の中で最新医療を受けられるという環境は、日本人にとっては当然かもしれませんが、世界的には恵まれています。
そんな状況にあってなお、治療もせずに前立腺がんを不治の病として諦めてしまうのは残念なことです。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

copyright © 2005 患者目線の前立腺がん名医と手術 all rights reserved.