FC2ブログ


   患者目線の前立腺がん名医と手術
   前立腺がんの名医や手術、最新治療法について

 前立腺がん名医が選ぶ健康食品


「前立腺がん名医が厳選した健康食品で完治を!
かつては不老長寿の薬ともたたえられた究極の素材が、現代医学により改めてその効用を再認識されています。
今なら、もれなく無料サンプル贈呈中!」

上のような文言を見たとき、あなたはこれを単なる過剰なキャッチコピーだと思うでしょうか?
あるいは、前立腺がん名医が健康食品を勧めるわけなどないと思うでしょうか?
それとも、これで完治できると喜んで飛びつくでしょうか?

どの選択が正しくて、他のものが間違っているというわけではありません。
健康食品も前立腺がん名医も世の中には存在しているわけですから、その2つが結びついたところで、さほどの不思議はありません。
とはいえ、上記の言葉が過大広告であるという疑いは必要でしょう。

病人は、特に命に関わるような重病にかかっている患者ならなおさらですが、救いを求めます。
その心の隙に付け込むようなビジネスの仕方を取る業者がいることも当然のことでしょう。
前立腺がん名医が健康食品を勧めるというのなら、その根拠や経歴について詳細なデータが提示されているかどうか等を、まずは確認するべきでしょう。

悪徳商法か、本当に良質なものなのかどうかは、必ずしも明確ではありません。
何しろ、一目でばれてしまっては、悪徳業者は目的であるボロ儲けができないからです。
本当にその健康食品を前立腺がん名医が推しているのかどうかということについては、確認しないことにはなんとも言えません。

もしかしたら、営利目的でヤブ医者と提携した企業が開発した胡散臭い商品なのかもしれません。
それでも医師の紹介付きということになれば、世の中ではある程度もてはやされます。
病院や医師の権威というのは、日本においてなみなみならぬものがありますから、それは否定できない事実です。

医師になるには受験資格や国家試験がありますが、ヤブ医者か前立腺がん名医かということについては、明確な基準があるわけではありません。
勝手に権威付けをして、平均的な医者を高尚な目的と優れた技術をもった医師のように吹聴することは難しいことではありません。
それでも、切実に完治を願う患者には、一筋の光に見えてしまうのです。

健康食品を勧める前立腺がん名医の経歴については、チェックが必要です。
もしかしたら、たいした専門性すらも持っていない可能性すらあるのです。
本当にこれまで多くの患者の治療に当たってきたのか、功績を残してきたのかということについて公開されていないとなると、私なら信じることはできません。

情報公開は、医療の現場では欠かすことのできないことです。
そんなことすらも実践できていないようでは、前立腺がん名医が健康食品を推しているなどといっても、本当だろうかという疑いが残ります。
まず、その医師が本当に腕と知識を持っているのかという疑問に応えることが、販売業者として最低限の責務でしょう。

前立腺がん名医が勧める健康食品を販売しているとなれば、そこには責任が生まれてきます。
何しろ、それを購入するのは健康を取り戻そうと必死な患者やその家族・知人なのです。
軽い気持ちで目先の利益の確保などに走られたのでは、たまったものではありません。

お金がほしいというのは当然の欲求ですが、病気を金儲けの道具にすることは、許すわけにはいきません。
本当に前立腺がん名医が健康食品を認めたというのなら、そこには臨床データ等の蓄積もあるはずです。
ちょっと資料を見ただけで、これは薬よりもずっと優れているなどという判断を下せるわけはありません。

たしかに、抗がん剤には副作用がありますし、それはしばしば深刻なものです。
しかし、長年の医療機関の研究により、それが現状のベストだろうと大勢の医師に認識されているからこそ、その抗がん剤が普及しているのです。
それを凌駕する効果のある健康食品と前立腺がん名医が認めたとなれば、そこには確かな裏付けがあるというのが自然な流れでしょう。

やみくもに抗がん剤を否定すればそれでよいというわけではありません。
長所と短所をそれぞれ把握しながら、個々の患者に最適な治療方法を決定するのが医師の仕事です。
まして、前立腺がん名医ともなれば、最先端医療技術や高度な技術を要する手術など、平均的な医師よりも選択肢は多くなります。
その選択肢は、往々にして1人の医師ではなく、多くの医療関係者の研究や実践によって確かさを増してきたという経緯を持っています。

だからこそ、患者は病院に通い、医師の判断を仰ぐのです。
その医師が、まして前立腺がん名医が健康食品を提案するとなれば、そこにはこれまで培ってきた信頼もかかってきます。
無責任な言動は、命に関わる仕事である以上、大きな信用失墜につながります。

冒頭にあったような文言を見たら、まずはどれだけの情報が提示されているかを確認しましょう。
そのうえで、納得できれば試してみるのもいいでしょうし、やめておくというのも一つの選択です。
ただ、どちらの決断をするのも、最終的には自己責任となります。
健康食品を前立腺がん名医が勧めているのだからと、すべてを鵜呑みにしてはいけません。

みずから情報を噛み砕いて、その上で決断を下しましょう。


「がん治療」悩んでないで医師電話相談

全国のフコイダン療法推進医師との電話相談をしながら正しく「フコイダン」を

取り入れていただける「超高濃度フコイダン30」の健康ぐみです。


医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

 前立腺がんの有名人


有名人前立腺がんであるということを知ると、急に病気が身近に感じられるようになってきます。
手術で回復したり、抗がん剤で治療をしたりと情報は様々なものがありますが、自分ひとりが闘病生活を送っているわけではないという連帯感が不思議と湧いてきて、それまでは興味も無かった歌手や俳優に親近感を持ったりするものです。
世間の反応としても、有名人が前立腺がんを告白することにより、その病気に対する安心が高まることは珍しくありません。
名医や生存率について、マスコミが調査をして報道してくれることは、結果的に同じ病気に悩む患者全般にとっても利益になります。
社会への影響力としては、やはり名前が売れているということは欠かせません。

一般人が前立腺がんの発症は名医を探しているということがあっても、なかなか社会的な関心は集められませんが、有名人なら違います。
過度のマスコミ報道をされる気の毒さはあるものの、優秀な名医や権威ある医師にめぐり合える可能性の高さはうらやましいかぎりです。
注目を集めるということは、それだけ人々が振り向いてくれるということにほかなりません。
病院にとっても、前立腺がん治療についての評判を高めるチャンスですので、主治医や執刀医に名医を当てるであろうことは容易に予想できます。

手術を行うとなれば、執刀医の力量は命を左右する重要な要素になってきます。
病院が総力を挙げてくれるとなれば、患者としては心強い限りです。
診断や手術など、権威ある医師に前立腺がんの治療を任せるということは、完治にむけての万全の策をとるために患者がもっとも重要視することが多い部分ではないでしょうか?
闘病記に記載されているような名医が自分の主治医や執刀医になってほしいと願う患者は、日本中にいるはずです。
名だたる権威に診察を受けられるなら、他の都道府県まで足を運ぶこともいとわない人は少なくないことでしょう。

もはや不治の病ではなくなったとはいえ、前立腺がんは権威ある名医に治療してもらいたい難病であることに変わりはありません。
風邪のように簡単にはいかないのですから、特別待遇とまではいかなくても、十分な環境を整備してほしいというのは、患者に共通する願いであるということは理解してほしいものです。
大量生産型の工場のノウハウは、前立腺がん治療には適用できません。
個々の患者ごとに異なる事情を加味し、柔軟に対応する高度医療こそが求められているものなのです。
名医や権威のいる病院ランキングも参考にして下さい。

医師がすすめる最高の名医+治る病院決定版

copyright © 2005 患者目線の前立腺がん名医と手術 all rights reserved.